賃貸DIY!LABRICO(ラブリコ)で木の壁&壁掛け風テレビ

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    これは、以前キッチンカウンターをDIYしたとき。

    収納用キッチンカウンターをカウンターテーブルにDIY

    2017年11月8日

    そして今回は、部屋にもっと木を、木材を、自然を取り入れたい。ということで、賃貸でも可能な木の壁を製作し、更にテレビを壁掛け風にアレンジしたいと思います。

    下準備

    LABRICO(ラブリコ)で柱をつくる

    賃貸で柱をつくることが出来るアイテム「ディアウォール」の存在は既に知っていたのですが、なにやら類似的なアイテム「ラブリコ」というものがあるそうで。調べてみると、「ラブリコ」の方が使い勝手が良さそうなのでこちらに決定。

    使用方法は至って簡単。取り付ける場所の天井の高さから、95mm短くカットした2×4材にラブリコをはめ込んで、それを突っ張って固定するだけ。これで柱の出来上がり。

    そして今回、『壁掛け風』ということで、テレビスタンドを用意。何故、素直に壁掛けにしないのかというと、何を隠そう、私、とてもとても用心深いのです。ちびっこ共の、叩く揺らすの悪戯が心配なもので。スタンドがあれば、幾分安心出来るかと。

    材料

    ホームセンターで購入した木材は、下地用のOSBと、表面用の1×4材。スタンド隠しの為のおもちゃ箱用木材も購入。

    作業開始

    まずは下地づくり。テレビを囲うようにOSBをカットして、柱がある位置でビスを止める。この時点で配線関係を完了させておかないと、背面に触れなくなるので注意。

    下地が完成。これだけでも十分に格好良いじゃあないかと思いつつ、カットした1×4材を下地に打ち付けていく。そのままの雰囲気を楽しみたいので、とりあえず塗装はしません。

    木の壁が完成。最上部にできた隙間は棚を付けて誤魔化そうとしていましたが、思いの外、丁度良かったのでそのまま。最下部は、スタンドに合わせて木材にくぼみをつくって合わせました。

    木の壁は完成したのですが、このままだとテレビスタンドの土台部分が丸見えで、なんとも奇妙な感じ。そんな訳で、スタンド隠しとちびっこ共の為に、予定通りおもちゃ箱を製作。

    まずはスタンドに合わせて前面の木材を配置し、側面の木材も合わせて配置。底面用木材の裏の両端あたりに、1×4材を打ち付けておきました。(1×4の厚みがスタンドの土台の厚みとほぼ同じなので安定する)あとは、スタンドに乗せる様に底面の木材を配置して固定すれば、簡単おもちゃ箱の完成。

    これで全ての作業が完了。まさか壁の中にテレビスタンドが隠れているだなんて、誰も思わないだろう。まあ別に思われてもいいんですけどね・・・。

    完成

    これならビスを打とうが落書きしようが問題無し。散乱していたおもちゃ達も簡単に片付けられます。そして、早速ちびっこ共がおもちゃ箱に入って遊んでおりますね。楽しそうでなによりです。この度のDIY、大満足の大成功ということで。以上、賃貸でも出来る木の壁、壁掛け風テレビ製作でした。

    【賃貸DIY】自作した木の壁を取り外して別の場所につくりなおす。【ラブリコ】

    2019年7月15日

    ↑↑↑

    飽きたのでつくりなおしました!