和を感じる「竹」でつくられたキッチン道具

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    日本では古くから竹が使われてきたそうな。竹が「和」の雰囲気にとてもよく合うのは知ってる。ただ、それをどうやってインテリアに取り入れたものかと。そんなときは、虎斑竹専門店『竹虎』をのぞいてみるといい。今すぐ欲しくなるようなものから初めてみるようなものまで、色々な竹製のアイテムが揃っていて面白い。

    竹の鬼おろし

    「鬼の歯」を連想させるこの竹の刃。この刃で粗めにおろした大根は、水分を逃さず空気をたっぷり含んでいて、ザクザクフワフワな食感が楽しめるそう。想像してみると一度食べてみたくなる。収納に関しては、持ち手部分に穴があいているのでつるしておくことができる。竹製のアイテムをキッチンにつるしておくことで、和の雰囲気も感じられていい。

    竹ワインクーラー

    竹生地そのままの色合いが美しく、まさに「竹」って感じがいい。この涼しげで落ち着いた雰囲気のワインクーラー。こいつで日本酒を冷やせば、どこからか”ししおどし”の音が聞こえてきそうな、ゆったりとした時間を楽しめそう。

    極上竹しゃもじ

    「極上竹しゃもじ」。もうその響きだけで欲しくなる。職人が一本一本手作業で仕上げていく最高級の竹しゃもじ。これに関してはもう、ただただ使ってみたい。

    竹タンブラー

    自然の風合いそのままの無塗装仕上げの竹タンブラー。この竹の質感がとても魅力的。竹は熱を伝えにくいそうで最後の一滴まで美味しく楽しめるんだそう。それにしても、竹でタンブラーを作るという発想が面白い。これも是非一度試してみたい。

    以上、『和を感じる「竹」でつくられたキッチン道具』でした。

    さりげなく和の雰囲気を醸す極上竹しゃもじ

    2018年10月8日