ステンレス製の菜ばしを選ぶならどれがいいのか。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta




    ふと思ったんだけど、今まで菜ばしってこだわってなかったなって。どこで買ったかもわからない、なんだかよくわからない素材の菜ばし。いつから使ってるのかもわからない色褪せた菜ばし。

    で、最近よく天ぷらを揚げるんだけど、しばらく揚げてるとだんだん菜ばしの先に衣のかたまりが付きはじめる。これがもうなかなかとれなくて。ステンレスなら少しはマシなのかな。

    ということで、ステンレス製の菜ばしを探してみる。シンプルでかっこよさそうだし、揚げ物用や盛り付け用として一つは持っておきたいよねってことで、いくつかよめに提案してみよう。

    参考価格 : 702円
    価格もほどよくとにかくシンプルな菜箸。これは特に何もなく普通に使えそう。

    Yome
    安っぽい。デザインも微妙。

    貝印 ステンレス菜箸 33cm

    参考価格 : 2,700円
    持ち手が六角ハンドルになっていて、転がりにくいってのは嬉しい。忙しく動いてると菜箸がまあ転がって、落ちては舌打ち落ちては舌打ち。それと先端がブラスト加工されて滑りにくくなっている。見た目もかっこいい。

    Yome
    菜箸に千円以上はかけたくないのが本音だが、上のよりはデザインがいい。

    工房アイザワ 揚げ箸

    参考価格 : 972円
    なんかプロが使ってそうな本格的な菜箸。和包丁ってこんな感じだよね。手頃な価格だし和な感じもかっこいい。

    Yome
    デザインww学校の授業で使ったやつにしか見えないww(たぶん千枚通し)

    工房アイザワ アゲハシ

    参考価格 : 907円
    個人的にはこんなデザインが最高に好み。ステンレスとケヤキ。このシンプルさを求めてた。使い心地はわからないけど価格が手頃なのも良い。

    Yome
    お前もかww

    EAトCO Saibashi

    参考価格 : 2,376円
    これは菜箸というかトング。トン箸。自然と先端が揃うから繊細な作業がやりやすいんだって。これちょっと便利そうだよね。つなぎ目が無いのも扱いやすそう。

    Yome
    トングタイプ!新しい!いいなと思ったが高いので買う事はない

    まとめ

    どれも良いと思うけど、特に工房アイザワの「アゲハシ」が好み。デザインも良いし紐ついてるし価格も高くはないから一度使ってみたいよね。


    ひとこと

    Yome
    別にどれもいらない。