僕が禁煙に成功した方法『ついでに禁煙』がおすすめ。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    禁煙をしてからもうすぐ10ヶ月が経とうとしていますが、もう完全に煙を必要としなくなりました。1日1箱以上のタバコを欠かすことなく毎日吸っていたのが信じられません。今ではもう『卒煙』できたと思っています。

    喫煙者だった頃を振り返ると、やめなければならないのはわかっているけどやめられない苦しさ、この先間違いなく直面するであろう健康や金銭に対する不安、喫煙する為の時間や場所の確保に関する不安やストレス、そんなことが常に頭のどこかにありました。

    禁煙をすることにより、このような喫煙に関する不安やストレスが全て、ひとつ残らずなくなり、とても楽になったと感じています。

    喫煙者だった頃の僕と同じように、苦しい思いをしている方のために、僕の経験を記録しておきます。

    本当に禁煙を成功させてほしい。ものすごく楽になれるから。

    僕の場合はそもそも視点が違いました。タバコをやめるのではなくて、健康的なことを始めようと。

    食事管理や運動といった健康的な生活です。(単純にマッチョに憧れて筋トレを始めただけなんですが。)

    その中で思ったのが「ついでに禁煙もしちゃうか」でした。結果的には、禁煙とは別のより大きな目標をもつことが、禁煙を成功させたのだと思います。

    禁煙しようとするとタバコのことばかり考えてしまう

    禁煙という目標をメインにしてしまうと逆効果な気がするんですよね。

    かえってたばこのことを意識してしまって、余計に吸いたくなった経験ありませんか?最終的には頭の中がタバコのことでいっぱいになり、禁煙失敗と。

    僕の場合、何度か禁煙に挑戦して失敗していたので「たぶん一生無理」という感じで、もう完全に諦めていました。

    禁煙という目標に向かって頑張れば頑張るほど、失敗したときのダメージって大きいですよね。

    だから『ついでに禁煙』ぐらいがちょうどいいと思うんです。

    そもそもタバコをやめるって相当すごいこと

    というか毎日欠かさずにやっている習慣を断ち切るって、かなり難しいことだと思うんですよ。

    大げさに聞こえるかもしれないですが、禁煙ってトイレに行くな!食事をとるな!寝るな!呼吸するな!みたいなものなんですよ。いや本当に。笑 (少なくとも僕はそう感じてた。)

    寝起きの一服。食後の一服。休憩時間の一服。

    一服したら風呂入ろう。一服したら出掛けるか。

    「とりあえず一服」はもう、生命を維持する活動と言っても過言ではないんですよね。(過言かもしれないけど。)

    仮に禁煙に成功したとして、「今まで喫煙に充てていた時間は何すればいいの?」とかいう、謎の不安さえ生まれてくるんですよ。

    まあそんなことを言ってますが、辞めたい気持ちは間違いなくあるんです。 辞められるなら辞めたいのが本音なんです。だから何度失敗しても禁煙に挑戦するんです。

    だからついでに禁煙

    メインの目標を達成するために、やっておいた方がいいサブの目標があるとする。このサブの方に禁煙をおくことが、禁煙を成功させるためには重要なことだと思います。

    あくまで僕の場合ですが、まずメインの目標としたのは、マッチョになりたい、健康でいたいでした。それを実現させるためには筋トレ、食事管理が必要になります。

    まずはこの目標に向かって努力しました。ちなみにここも継続するのが難しいところだと思いますが、『習慣』を意識することで上手くいきました。

    筋トレをしようと思うなら、まずは筋トレをする時間を生活に組み込んでしまい習慣化してしまえばいいのです。

    筋トレが続いてきたら、つぎは食事管理。これも同じように習慣化させます。ここで体重が落ちてきた、肌荒れが改善してきた、などの小さな成功を味わうことで自信がつきました。

    そしてこの流れで禁煙もしてしまおうという、本当についでの禁煙でした。この小さな成功の流れにのせたことも禁煙成功につながったように思います。

    ついでという表現をしていますが、つまりどういうことかというと、「タバコの事を考えなくて済む環境」をつくることが重要だと思います。

    環境や習慣の力は非常に強い。それが分かっているならば、それを利用してしまいましょう。

    おすすめの本

    ここで、僕が禁煙を成功させるため実際に読んで役に立った本を紹介しておきます。

    筋トレが最強のソリューションである

    これはそもそものキッカケになった本です。ふつうに面白くて読みやすいのに、ちょこちょこ良いこと言ってくるんですよ。筋トレだけじゃなく、人生的にめちゃくちゃやる気がでる本です。

    筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方

    これもまた普通に面白いです。そしてこの本で紹介されているマクロ管理法という食事管理の方法に挑戦していたのですが、2ヶ月ですでに効果を実感できました。こっちの話はまた別の機会に書きたいと思います。

    頑張らずにスッパリやめられる禁煙

    ここでやっと禁煙の本です。禁煙を成功させるためのテクニックはもちろん、タバコをやめられない理由や依存とはどういう状態なのか、その他にもタバコに関する多くの知識を得られます。これらを知っておくことで、禁煙の成功率が確実に上がるはずです。

    さいごに

    禁煙をはじめてから3日間くらいはいつでも吸える状態にしておきました。そしてこの感じならやれそうだと思い、最後に1本吸ってから処分しました。笑

    あとは、どうしても吸いたいと思ったときは、深呼吸。これ大事。めちゃくちゃ効きます。吸いたい気持ちがやわらぐんですよね。

    禁煙を記録するアプリも使っていましたが、これもついでな感じでいいでしょう。喫煙ボタンを押せば吸っていいみたいな、吸う前に必ず喫煙ボタンを押すという謎の習慣が生まれるだけです。

    ちなみに禁煙すると食事が美味しくなるというのは、僕はあまり感じませんでした。それに比べて、体力面はかなり実感できました。いつも通り仕事をしているはずなのに疲労感が全然違いました。

    以上が僕が卒煙するまでに感じたことです。是非、この経験をあなたの禁煙に役立ててもらえれば嬉しいです。煙のない生活を本当に味わってほしい。応援しています。