収納用キッチンカウンターをカウンターテーブルにDIY

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    今まで収納として使っていたキッチンカウンターを、テーブルとしても使えたらどれだけの空間節約になるだろうかと。

    そんなことを考えていたら、どうしてもやりたくなってしまいまして。

    そんなわけで!

    お気に入りの大きめレンジもしっかり収まるキッチンカウンターにテーブル機能を追加しようと思います!

    大きめのレンジも入れられるし、他にもたっぷり収納スペースがあるので購入したお気に入りのキッチンカウンター。

    でもカウンターテーブルとして使うにはちょっと狭いんですよね。

    それと、天板が少し出てないと前のめりの姿勢になってしまうのでやっぱり不便。収納として使う分には大満足。

    土台をつくる

    来客時のことを考えて少し大きめにしたい。

    ということで、収納ボックス風のものをつくり土台となるカウンター自体の長さを伸ばしました

    ただ、OSB材を使ってみたのですがビスがとまりづらい。もう少しやりやすい材料があると思う。

    でもかっこいいんですよね・・・。

    そしてキッチンカウンターの横に配置して、天板用の板を乗せた後姿がこんな感じ。

    良い感じです。

    天板を繋ぎ合わせる

    パイン集成材を1枚購入したのですが、どうも幅が満足できずにもう1枚購入しました。

    2枚を合わせた裏面に、これ用に購入した適当な木材をとめました。

    この作業がなかなか大変で、隙間が出来ないよう力一杯押さえながらとめました。

    ここで失敗。集成材同士の接着面に面倒くさがってボンドをつけなかったせいか、時間が経つと隙間が目立ってきました

    本当は理想のサイズの1枚でやるのが良かったんですけどね。

    側面に板をはる

    側面に1×4材をビスでとめていきます。ここはひたすらとめるだけなので問題なく完了。

    この隙間は、もとのキッチンカウンターにあった隙間に合わせました。

    天板を固定する

    この位置に固定するつもりなので、天板を乗せるときにカウンターの位置をしっかり調整します。

    そして最後に天板を乗せて、適当なL字の金具で固定します。

    以上、終了です。横からの画像も。

    完成

    前面は見えないからという理由で、ちょっとカッコ悪いけど、もとのキッチンカウンター丸出しで。

    それと、塗装的なことしたほうが良さそうだったのですが、塗装なしのこの雰囲気が好きだしまあいいかと。

    汚れもまた味があって良いということでそのまま使ってますが、今のところ特に問題はないです。ヤスリかければまたキレイになりそうですしね。

    バーチェアも購入したし、こんな感じで無事完成ってことで、まあまあ良いんじゃないでしょうか。

    以上、「キッチンカウンターの見えるとこだけお洒落アレンジDIY」でした。ありがとうございました!

    追記

    2019.05

    現在はこんな感じです。

    繋ぎ目の隙間は目立つものの、だいぶ良い感じに使用感が出てきました。

    ただ掃除が大変で、汚れが染みて拭くだけじゃあ取れません。

    毎晩、霧吹きとブラシでの掃除とアルコール除菌。慣れればなんてことないですが。