キチヌをさばいて刺身で食べてみた!



今回はキチヌ(キビレ)をさばいて、お刺身で食べてみようと思います!

キチヌのさばき方

鱗、頭、内臓、尻尾の順に取り除き、きれいに水洗いしてよく水気を拭き取ります。

頭側を右にして腹、背の順に包丁を入れて半身を中骨からはずします。

今度は背、腹の順に包丁を入れて中骨から身をはずします。

腹骨をそぎ落として、真ん中に一列ある血合い骨も取ります。

刺身用に皮を引きます。

身が白くて柔らかいのが気になったけどとりあえず刺身にしてみました

切りながら感じたのは、身が全体的に白っぽくてかなり柔らかいということ。柔らかいというかぶよぶよというか?

食べてみるとなんか凄い独特な食感。食べられないということはないのですが、色々気にし過ぎて味が全然分からなかったです。

見た目はタイみたいなのに全然違った感じで、こういう魚なのかそれともただハズレを引いちゃっただけなのか。初めて食べる魚なのでさっぱりです。

まぁとりあえず残りの身は昆布締めにしてみようと思います!この食感がどう変化するのか気になるところです。

キチヌを昆布締めにしてみる

2021年10月15日

カルパッチョもやってみました

刺身で、うーん…。ってなったのでカルパッチョにしてみましたが、これはこれで美味しかったです!