『あんきも』を煮ると簡単で美味しい最高のつまみ!

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    あんきもって仕込むのに手間が掛かるんですよね。

    薄皮を剥いて。

    血や筋を取り除いて。

    塩をふって少し置いて。

    アルミホイルで包んで蒸す。

    とても大変ですが、それをポン酢でいただくと美味しいんですよね。

    ですが今回は『煮る』そうです。そういうレシピです。

    しかも超簡単そう。

    ということであんきもを買ってきたのですが。

    レシピでは、あんきもは皮をつけたまま、大まかに切るとしか書かれていなくて、でも筋とか血とか取らなくていいんですかね?

    そんな下準備は当たり前だから書いてないとか?

    取り除いたほうがいい気はしますが、もしかしたら新たな発見があるかもしれないので、とりあえず目立つ筋だけは取り除いてその他は無視します。

    あんきもやしょうがなどの材料

    材料を用意したら、あとは煮るだけです。

    ここで、レシピにはペーパータオルをかぶせて煮ると書かれているのですが。

    ペーパータオル?キッチンペーパー?なんにせよあの紙がロールなアレですよね。

    落としぶた的な感じなら、アルミホイルでも問題ないだろうということでそっちにします。

    ところで、いつも落としぶたをするときはアルミホイルを使うのですが、多分本当の落としぶたってコレのことですよね・・・。

    木の落としぶた

    なんか、木にいろいろ染み込んじゃうじゃん・・・って感じで全然つかってません。笑

    いっつもアルミホイル!

    蓋を汚してしまうのがもったいないのか。

    使わずに置いておくことがもったいないのか。

    アルミホイルを使うことがもったいないのか。

    もういったい何がもったいないのか。

    あんきものしょうが煮完成

    そんなこんなで完成しました。

    うん、美味しい。

    味が染み込んで濃厚な旨み。

    もっとがっつり煮詰めても美味しそうです。

    ただ、やっぱり血は取った方が良いですね。血の部分を食べると臭みを感じるような気がします。筋は煮てしまえば気にならないのかも。

    まぁあまり面倒なことはしたくないので、あからさまな汚れがあれば取り除く感じで、問題ないかなと思いますが。

    それにしても美味い。

    もっと脂の乗ったあんきもでやれば、とんでもない旨さになりそうな気がします。

    これは煮るだけ簡単な最高のおつまみですね。

    今回参考にしたレシピ本