いつもと違う作り方で鯛のかぶと煮!

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    友達が遊びにくることになったので、お刺身を解禁しようと鯛を丸々一匹買ってきました。

    刺身、なめろう、昆布〆にして芽ネギを巻いていただきました。

    鯛の刺身、なめろう、昆布〆芽ネギ巻き

    やっぱり刺身って美味い。

    もちろん刺身は美味いですが、丸々一匹の魚を調理すると頭だの中骨だのが出ますよね。これがまた美味いんですよね~。

    この中骨を、昆布と生姜の千切りと一緒に入れてごはんを炊くだけで、身はないですが鯛めし的なものになってとても美味しかったり。

    頭のほうは、焼いたり煮たり何にしても美味しいですが、今回は『煮』でいきます。なぜなら、レシピ本に載ってたから!

    半分に割った鯛の頭と調味料

    ということで材料を準備してみると、このレシピはみりんを使わないみたいです。へぇ。

    みりんといえば、本みりんだとかみりん風調味料だとかありますが、実際料理の仕上がりに違いはあるんですかね。

    気になりますがまあそれは置いといて。

    煮るだけなんで簡単でいいですね。

    とか思って食べてみたらめちゃくちゃ甘い。

    また味付けミスか・・・。

    そこで、ふと思ったんです。

    砂糖大さじ3。

    大さじ1は15mlだから15gっと。←これ

    急いで調べてみたら、砂糖(上白糖)の場合は大さじ1=9gだそうで。やっぱりか・・・。

    水の場合はml=gでいいそうですが、その他のものだとまた変わってくるんだとか。

    そういう単位的なのが苦手で。

    てことは、本来なら砂糖27gのところを45gも入れてたってことになるんですね。

    そりゃ甘いわ。

    味をみながら感覚でつくるのと違って、レシピだとこういうミスが起きるわけですね。

    それでも鯛の頭は美味しかったですが、気を付けます。

    今回のレシピ本