ハガツオを刺身とたたきでいただきます。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    これが『ハガツオ』

    丸々一匹のハガツオ

    あまりよく知らないのですが、『ハガツオ』という魚を買ってみました。カツオとはまた違う魚らしく、なかなか美味しいらしいですよ。

    二枚おろし

    二枚におろしたハガツオ

    ひとまず二枚におろして半身だけ使います。腹が結構柔らかくなっていましたが、こういう時は不安なので腹側はなるべく加熱して食べるようにしています。アニサキスに襲われたら嫌ですしね。

    ハガツオの柵

    ということで、今回は背側を刺身にしようと思います。

    ところで、ネットでちらほら見かけたのですが、“血合いのなめろう”?が美味いらしいのですが、血合いってこの部分のことでいいのかな?

    ハガツオの血合い

    血合い骨がビシィーっと並んでるんですが、これを叩いてなめろうにするってことでしょうか。

    うーん…。すごく食べてみたいのですが、今回はあまり鮮度がいいわけでもなさそうなので、また次回にしておきましょう。

    たたきにする

    金串に刺したハガツオ

    たたきにする分だけ切り分けて金串を刺します。皮目に塩をふりました。

    炙ったハガツオ

    それをガスコンロの火でいい具合に炙ったら氷水にとって冷まします。冷えたら水気を拭き取ります。

    ハガツオの刺身とたたき

    ハガツオの刺身とたたき

    先に刺身を味見してみたのですが、思ってたほど美味しくない…?笑 不味いわけじゃないのですが、特別美味いわけでもない。んー。

    本で見たのを思い出して、すりおろしたタマネギを乗せてみたのですが、さっきよりは美味しくなりました。それても物足りない感があったので、すりおろしたニンニクも追加してみたところなかなか美味しくなりました。

    ちなみに、タマネギのみよりもニンニクのみよりも、両方を合わせた方が美味しかったです。これは新発見。

    結局、刺身とたたきのどちらにもすりおろしたタマネギとニンニクを乗せることで、まあまあ美味しくいただけたのですが、もう少し手を加えてもっと美味しく食べられそうな気もしますね。なんとかやってみたいと思います。