ミシマオコゼ?この魚ツノが生えててなんかこわいけどどんな食べ方をしたらいいんだろう。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    ミシマオコゼ

    ミシマオコゼ

    魚屋に行ったら見たことのない魚がいたので買ってみました。ウシガンコウと書かれていたその魚を検索してみると「ミシマオコゼ」という魚だそうです。

    なんか不思議な模様だし、しかもなんかツノ生えててこわwとか思ってたんですが、見慣れてくるとなんか可愛いく見えてきました。いい感じに可愛く見えてきたところで、さっそくさばいてみましょう。

    肝と胃袋にも挑戦・・・

    頭を落として肝と胃袋を取り出しました

    調べていたら、肝や胃袋も美味いと書かれていたので一応捨てずに残しておきました。でもなんか食べるのこわいですよね…。笑

    というか皮が硬い!でもって頭はもっと硬い!なかなか大変な作業でした。ちなみにあのツノはこわいので早い段階で切断しておきました。

    とりあえずお刺身

    ミシマオコゼの柵

    三枚におろしたら、腹骨をとってから骨抜きで血合い骨を抜きます。身の弾力が強めな感じで骨は抜きづらかったですね。そして皮引きですが、皮は硬いので途中で切れたりせずとても引きやすいです。それから、軽めに塩をして少しおいてから水で洗い流します。水気をよく拭き取ってから刺身にしました。

    ミシマオコゼの刺身

    特にクセは無く、弾力のある身が美味しかったです。最初に調べた時に、「味はあまり良くない」みたいなことが書かれているのを見つけたので正直不安だったのですが、普通に美味しかったです。たしかに特別美味しいってわけじゃないのかもしれませんが。

    皮・肝・胃袋ぽん酢

    ミシマオコゼの皮と肝と胃袋

    さて。皮も厚めで美味しそうだったので残しておきました。どう調理したらいいのか全然わからないので、とりあえず茹でてポン酢で食べてみようと思います。胃袋とか食べるのこわ…。

    ミシマオコゼの皮、肝、胃袋ぽん酢

    茹でてからよく水洗いして、食べやすく切りました。ぽん酢と小ネギをかけて食べてみましたが、皮はプルプルで肝も良い感じに美味しいです。そして胃袋ですが、コリコリ系の食感で美味しい!なるほど~。こういうところまで楽しめるとすごく満足感があります。

    そして最後に唐揚げ

    ミシマオコゼのアラ

    残った身と骨も一緒に。骨は食べるとこほぼ無さそうですが一応揚げてみます。一味醤油をつけてから片栗粉をまぶして揚げました。

    ミシマオコゼの唐揚げ

    まず身の部分は、プリッと身が締まっていてとても美味しかったです。頭のほうも身が残っているところは美味しいのですが、トゲトゲしてそうでこわかったです。骨はほんの少し身の残った部分を頑張って食べました。唐揚げも美味しいです。

    どの食べ方もなかなか美味しかった!

    ミシマオコゼ料理

    刺身、ぽん酢、唐揚げと、どれも普通に美味しかったです。味が良くないなんて書いてあったから不安でしたが、この一匹でいろいろ美味しかったです。しかもこの魚、なかなかお安くて一匹200円くらいで買えました。この値段でこれだけ楽しめるなら全然ありですよね。

    ということで、今回は初めての魚『ミシマオコゼ』をさばいてみました。とても楽しめました。ご馳走様でした~。