『ブリの照り焼き』に挑戦

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    全レシピ挑戦中!

    ↓↓↓

    前回はこちら↓↓

    『ブリニラ炒め』に挑戦

    2020年1月10日

    13品目は『ブリの照り焼き』

    解凍したブリの切り身

    前回のブリニラ炒めは、ブリのくさみがキツすぎて大失敗でした。何が原因かはわかりませんが、今回もそうならないようにやれることはやろうと思います。

    まずは解凍したブリの切り身をよく水洗いしました。そしてしっかり水気を拭き取ったら、大めに塩をふって15分ほど放置。そうしたら、塩を水で洗い流してしっかり水気を拭き取ります。

    照り焼きのタレにつけたブリ

    次に、照り焼きのタレに入れて漬けておきます。 しばらく置いてから焼くのですが、ハケを使ってタレを塗りながら焼いていくそうです。

    鶏肉でも美味しい

    このハケを使ってタレを塗りながら焼く方法、最近とりもも肉でよくやるのですが、すごく美味しく焼けるんですよ。弱めな火加減の魚焼きグリルでじっくり焼くので少し時間は掛かりますが、燻製醤油を塗りながら焼くとスモークチキン風、甘醤油を塗りながら焼くと照り焼き風になってものすごく美味しいのでオススメです。

    まぁそういうわけで、作り方は塗りながら焼くだけなので簡単ですね。

    ちなみにお気に入りの甘醤油。スーパーでも買えるので探してみてください。

    こんがりいい色に焼けたら完成!

    見た目は完璧に美味しそうですよね。ただ、気を付けないと前回はここからの大失敗でしたから。といってもあとは食べることしか出来ませんが。

    で、どうだったかというと、少しくさみがあるところもあったのですが、前回よりは全然いい。というかほぼ美味しかったです。

    ということは、前回は下処理をもう少し上手くやっていればもう少しマシだったってことなんですかね?だとしても完全にくさみが消えることはないような気がしますが。そうなってくると、濃いめの味付けをしたり、酒や生姜などのくさみを和らげてくれるものを使った調理法が良いんでしょうね。

    そう、ブリ大根。

    やっぱブリ大根が最強ってことですね。

    まぁそういうことで、これで無事に年末に買ったブリを食べきることが出来ました。今回も美味しかったです、ごちそうさまでした。やっぱ魚っていいですね。

    ということで、13品目『ブリの照り焼き』でした。

    残り66/79品

    14品目はこちら↓↓

    『カジキの煮付け』に挑戦

    2020年1月13日