UberEats(ウーバーイーツ)の配達員やってみたら迷子になって大変だった。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    好きな時間に働けるUberEats(ウーバーイーツ)の配達とやらをやってみた。結果的にはすごく良い働き方だと思った。

    けど。初めての配達、めちゃくちゃ迷った・・・。本当に申し訳ない。

    言い訳かもしれないけど、グーグルマップの指示通りに進んでいったら、到着したのがよく分からない工場。

    もう本当にパニックだったわ・・・。

    お客さんに電話を掛けて事情を説明したんだけど、ここがどこなのか分からず。目印になる建物を教えてくれたんだけど、もう自分がどこにいるのかすら分からなくなってて。

    だって商品の中にコーラが入ってるんすよ?ぬるくなっちゃうとか炭酸抜けるんじゃないかとかこぼれたらどうしようとか。そんな感じでもう大パニック。二度とやらないと思ったね。

    そんで、落ち着いてドライバーアプリの方のマップをよく見てみたらその目印の建物が知ってる場所だということに気付き、頭の中で道がつながった。本当に良かったと思った。地元じゃなかったら終わってたな。

    大急ぎで目的地に向かい、なんとか商品を手渡すことが出来た。1時間近くかかっちゃったんじゃないかな・・・。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだったわ。

    まとめ

    まあ一発目でこんだけ失敗してれば、次からはもう少し楽に行けそうな気がするよね。やること自体は非常に簡単でお店からお客さんのところまで料理を運ぶだけだからね。カバンがデカくて動きづらかったり、飲み物こぼれそうで怖かったりとかいろいろ大変だったけどね。
    とりあえず今回わかったのは

    • グーグルマップだけに頼らない
    • ふつうに進めば難しいことはなさそう
    • 好きな時に働けるのは魅力的

    てこと。

    ※追記 2019.12.4

    グーグルマップは絶対使わないと決めていたのですが、最短ルートを自力で検索するのが面倒になり、諦めて使ってみたところ何の問題もなく使えています。