カキのおかきフライがなかなかおかき

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    パン粉のかわりにおかきを使ったカキフライ。こんな面白そうなの絶対作りたくなりますよね。

    ということで、さっそく材料を買いに行ったんですが、材料に書いてある「かき餅せんべい」ってなに?おかき?せんべい?

    よく分からんので調べてみたら「おかき」のことを「かきもち」とも呼ぶってことは分かったんですが。

    てことは、おかきせんべい。

    ちなみにですが、うるち米からできたものを「せんべい」もち米からできたものを「おかき」というそうです。

    ということは、どういうこと・・・。

    まあ「おかき」なんでしょう。

    おかきとかき

    しかしおかきって美味しいですよね。

    こんなに美味しいのに、このおかきを袋に入れて砕かなければならないそうです。

    袋に入れて砕いたおかき

    砕き具合がいまいち分からないのですが、こんなもんでいいでしょう。

    砕いたおかきをつけた牡蠣

    あとはパン粉をつけるときと同じように、小麦粉→卵→おかき。

    おかきが足らずにカキが2つ余りました。

    つまみ食い・・・。

    あとはこれを揚げて、別で作っておいた餡を掛けて完成です。

    餡をかけた牡蠣のおかきフライ

    ザクザクして美味しそう!と思ったのですが、おかきと餡が強すぎてカキがすごく弱々しい。

    もしかすると、おかきが大きすぎるような気もするので、もう少し砕いてもよかったのかも。

    ただ、餡をかけずに食べてみると、カキとおかきの味がしっかり感じられて、これはこれでいいのかなって感じでした。

    最近思うんですが、初挑戦で大成功ってのはなかなか難しいもんですね。失敗を重ねることで人は成長していくんですね。