レシピをほぼ無視したカンパチのマスタードマリネ

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    前回はカンパチの半身をおろして、美味しい美味しいお刺身をいただきました。

    可愛いカンパチを見つけたのでお刺身にします。

    2019年12月14日

    今回は残りの半身を使って、マスタードマリネを作ってみようと思います。本来のレシピでは「ブリのマスタードマリネ」なんですが、カンパチも似たようなものだろうという軽い気持ちで作っていこうと思います。

    さっそく調理開始

    三枚おろしのつづき

    保存しておいたカンパチの半身

    まずは前回の三枚おろしのつづきで、残りの半身をおろします。リードとポリ袋で一日置きましたが、特に悪くなった様子はありません。

    皮を引いたカンパチ

    今回も皮を引きます。ブリやカツオは皮が柔らかいんだか薄いんだか、とにかく皮引きが難しい…。

    食べやすい大きさに切る

    カットした材料

    カンパチとトマトを程よい大きさに切ったら、カンパチはさっと湯通しします。それからオリーブオイルと粒マスタードのソースを絡めて味を調えます。

    いろいろ省いたけど完成

    器に盛られたカンパチのマスタードマリネ

    本当は菜の花やカイワレ菜も味をつけて使うみたいだったのですが、今回は省きました。買いに行くのが面倒だっただけですが。そんなわけでレシピの一部だけを作ったということになるんですが、果たしてその結果はかなり微妙な味でした。

    オリーブオイルの味が苦手だからなのか、とてもその味だけが強く感じられて上手くまとまってないように思いました。もしかすると、使ったオリーブオイルがあまり良くなかったのか、まぁ今回に関しては原因が無限に出てきそうなので諦めます。笑

    おまけ

    甘醤油を塗りながら焼いたカンパチ

    ついでに、余ったカンパチを以前使った「甘醤油」を刷毛で塗りながら焼いてみました。

    ブリの雲白肉仕立ての旨辛ソースってのがもうほんとに美味くて。

    2019年12月12日

    こんがり甘醤油とふっくら柔らかい身が良い感じでしたが、ちょっと味が物足りなかったので、焼く前に甘醤油にもう少しつけておけば良かったかなという気がしました。

    お皿に乗ったカンパチの刺身

    まあ結果的には、つまみ食いした刺身がいちばん美味しかったってことですね。