やっと金目鯛を昆布締めにできる日がきた。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta




    ずっと昆布締めにしたいと思ってたんだけど、なかなかタイミングが合わなくてできなかったんだよね。

    なんかすごい美味そうなんだよ。美味いに決まってるんだよ。絶対美味いんだよ。

    ついにきた!

    どん!

    はい可愛い。


    バットに塩をふる。

    その上に身をのせて上からまた塩をふって10分放置

    塩と身から出てきた水分を水で洗い流して水気を拭きとる。

    昆布

    スーパーに売ってた日高昆布

    今回は「酢」をキッチンペーパーに染み込ませて、昆布に塗って少し柔らかくする。

    そして昆布で身をはさむ。

    ラップでぴったりめにくるんで冷蔵庫へ。

    今回は約4時間

    完成

    今日もほどよく抜かれてるねー。そして綺麗だなー。こんなん絶対美味いじゃないですか。

    というまさかの結果。昆布臭さ?なのかわからないけど、なんか変な風味というか臭みというかがあってイマイチな感じだった。

    と思ってたけど、その後にキンメダイの骨と一緒に炊いたごはんを酢飯にして、それで握ってみたら普通に美味かった。

    金目鯛は特別美味しいのに当たったことがないんだよなぁ。今度ちゃんと市場に行って探してみよう。

    おまけ

    シャリ切るときに布巾を使って散らばった米粒を集めたりかぶせて保湿したりするんだけど、今までは代わりにキッチンペーパー使ってたんだけどいいものを発見した。

    使い捨て出来るから衛生的にもいいのではと思い買ってみたらすごく使いやすかった。キッチンペーパーだとすぐ切れちゃってたんだけど、これは頑丈だから大丈夫。これで少し作業しやすくなるから嬉しい。