見た目があまり美味しそうではないけど『ブダイ(イラ)』を食べてみる。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    ※この魚はブダイとはまた違って『イラ』という魚だそうです。インスタで教えて頂いたので調べてみたところその通りでした。コメントありがとうございました!

    なんかこういう色がヤバい魚ってヤバいですよね。あんまり美味しそうに見えないというか、お気持ちがお悪いというか。

    そんなわけで、この『ブダイ』『イラ』という魚はもちろん初めて買いました。刺身で食べると身がもっちりしてると魚屋さんに聞いたので、気になって買ってみました。

    初めてさばく魚や初めて食べる魚って本当にわくわくしますよね。ということなんで、さっそくさばいてみましょう。

    『ブダイ(イラ)』をさばく

    鱗がめちゃくちゃ硬い!うろことりでガシガシガシガシ頑張りました。大変だった…。

    頭と内臓を取り除いてからきれいに水洗いして、キッチンペーパーで水気をよく拭き取ります。今回は鮮度がよかったので、リードペーパーで包んでからポリ袋に入れて一日寝かせてみました。

    三枚におろしたのですが、水分が少ないのか脂が少ないのか、たしかに身がもっちりしてそうな、包丁がピタッとくっつく感じでなかなかおろしづらかったです。でもこの感じは絶対美味しいやつ。

    生で食べる

    刺身

    身の感触がとても面白くて、魚屋さんが言っていた通り“もっちり”という表現がぴったりだと思いました。そして食感はとても良いのですが、ほぼ旨みを感じませんでした。なんて不思議な魚なんだ。笑

    魚自体の旨みがあまり感じられなかったので、わさび、ゆず、梅と色々試してみましたが、練り梅をつけて食べるとほんのり魚の甘みも感じられて美味しかったです。

    炙り

    お次は皮目を炙ってみたのですが、皮が硬くて噛みきれません。これは失敗。

    湯引き

    今度はさっと熱湯をくぐらせてから氷水で冷やしてみました。これをごまダレ、梅、わさびと試してみましたが、わさび醤油がいちばん美味しかったかなと思います。

    加熱して食べる

    塩焼き

    強めに塩をふって塩焼きに。刺身の感じからあまり期待はしていなかったのですが、身がとろっと柔らかくて美味しい…!

    酒蒸し

    ということで酒蒸し。ポン酢をかけて食べてみましたが、やっぱり美味い。塩焼きよりも潤って柔らかいです。

    煮付け

    頭は半分に割ってから煮付けにしました。皮がぷるっとしていて美味い!コブっぽい部分もぷるぷるで美味しかったです。超コラーゲン。

    煮汁を冷蔵庫に入れてみたら、ぷるんぷるんの煮凝りになりました。そのまま食べるにはちょっと味が濃かった…。少し薄めてから冷やせば良かったかも。白米に乗せて食べるにはちょうど良かったらしく、嫁子供が喜んで食べてました。笑

    まとめ

    初めての『ブダイ』でしたが、色々な食べ方が出来て大満足でした。時期やものにもよるんでしょうが、今回は生で食べるよりも加熱したほうが断然美味しかったです。面白かったのでまた見かけたら買ってみようと思います。

    ということで、ちょいキモな『ブダイ』でした。ごちそうさまでした!