やや鮮度の悪い『アイナメ』を美味しくいただきました。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    初の『アイナメ』は鮮度が・・・。

    人生初の『アイナメ』。刺身用として売られていたものを買ってきたのですが、腹が柔らかくて内臓が出てきてしまっていました。あまり鮮度がよくないってことなんですかね。初めての魚なんで判断が難しいところなのですが。

    普段こういう魚は心配なので、なるべく加熱して食べるようにしているのですが、せっかく初めて食べる魚なんですから刺身でも食べたいですよね…。

    ということで、とりあえず三枚におろしてみたのですが、やっぱり腹が傷んできてる感じだったので、腹骨を取りながらやや強引に腹を落としました。

    そして上身(頭を左にして置いた時に上になる面)の背側の身だけを刺身で食べることにしました。下身は常に重さが掛かっているので比較的傷みやすそうですし、腹側は内臓から傷んできますし、となると一番良いのはここですよね。

    塩をふって少しおき、出てきた水分を水で洗い流してからよく水気を拭き取りました。ひとまずこれで下準備は完了です。

    刺身

    さっそく刺身にしてみましたが…うん、美味しい!ややくさみがある気もしましたが、身は柔らかめで旨みがありました。新鮮なものはもっと歯ごたえがあったりするんでしょうか?是非食べてみたい。

    昆布〆

    かるめの昆布〆にもしてみましたが、これも美味しいです。

    天ぷら

    残りの腹側の身は丸々一本天ぷらに。

    贅沢。

    刺身の印象から、加熱するとふわっと柔らかくなるのかなと想像していたのですが、思っていたよりもしっかりした食感でした。やや水っぽさがありましたが、美味しかったです。

    塩焼き

    もう半身は血合い骨を抜いて、塩焼きにしてみようと思います。今回は少し小さめに切って、お上品な雰囲気にしてみます。

    皮目をぱりっと焼いて木の芽を乗せたらいい感じになりました。こちらもやや水っぽさがありますが、皮の旨みを強く感じられて美味しかったです。

    まとめ

    今回は初めての『アイナメ』だったので、シンプルに刺身、昆布〆、天ぷら、塩焼きでいただきました。どれも美味しかったですが、次回は是非、とびっきり新鮮なものを食べてみたいですね。

    魚って、シンプルな調理法で色々な楽しみ方が出来るところが本当に良いですよね。こうして色々な食べ方を試してみると違いがあって本当に面白い。これからもまだ食べたことのない魚に挑戦していきたいです。

    ということで、人生初『アイナメ』ごちそうさまでした。