『コブダイ』を昆布締めにしてみた。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    コブダイ

    コブダイ。大きいやつはもっとコブがでかい。一回だけ、どでかいコブダイが売られてるのを見たことがあるけど、すんごい高かった気がする。

    今回のは約1.3kg。小さいほうなのかな?わからない。それでも3000円くらいするからね・・・。まあなんにせよ大きい方が美味しいらしい。

    今回はこいつを昆布締めしてみる。おそらく白身の魚だし、普通に美味いと思われる。

    ということで、三枚におろすために鱗をとって頭を切り落とすんだけど・・・なんか顔がこわい。この赤さもちょっと気持ち悪いしなんかヌメッてるしもうなんなの。

    まあいいけど。

    三枚おろし〜皮引き

    皮が硬めなので、よく切れる包丁じゃないとやりづらいかもしれない。逆に、皮がしっかりしてることで皮引きはやりやすい。

    刺身

    コブダイ刺身

    まずは刺身で食べてみる。

    上品な甘みが感じられてとても美味しい。皮を炙ってみたけど、硬い。もっとよく炙るべき?一度湯引いてから炙るべき?わからない。でも、より旨みを感じることができる食べ方ではある。

    ちなみに塩をふって10〜15分おいてから刺身にしても美味しい。余分な水分が抜けて、ほどよい食感と旨みを感じられる。

    昆布締め

    コブダイ昆布締め

    そして昆布締め。今回使うのは真昆布

    塩をふって約15分。水分が浮き出てくるので流水で洗う。

    水気をよく拭き取り、酒で柔らかくしておいた真昆布ではさみ、ラップをぴったりとまく。

    冷蔵庫で2時間寝かせる。

    刺身

    昆布締めコブダイ刺身

    水分が抜けてややねっとりとした食感。旨みが凝縮されてさらに昆布の旨みも加わりとても美味しい。

    握り

    昆布締めコブダイ握り

    握りも美味。ただ少し厚く切りすぎた・・・。昆布締めした魚は噛みごたえが増すから、薄めに切った方が美味しそうな気がする。

    まとめ

    今回は切り方によって美味しさは変わるということを実感した。今後は食べ方によって、切り方を色々変えて試してみようと思う。

    それにしても、思ってた通り普通に美味しかった。そのまま食べるより昆布締めにした方が美味いと感じた。

    ということで、もし『コブダイ』に出会ったらやってみたらいいと思うよ。

    今回の昆布締め
    魚・・・コブダイ
    昆布・・・真昆布
    塩の時間・・・15分
    昆布の時間・・・2時間