マゾイという魚を買ってみた。

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    今日は誰を刺身にしようかと対面の魚売り場を眺めていたのですが、大体『タイ』とか『カンパチ』とかその辺に目がいってしまうんですよ。美味しくて大好きなんですが、いつもと同じなんで、またか…って。

    新しいことに挑戦するのが苦手な性格がこんなところで出てきよるんです。知らない魚もとりあえず買ってみればいいのにって思うんですが、いざ魚たちを前にするともう。

    こんなんじゃダメだ…これください‼︎

    で、『マゾイ』。

    マゾイなのかクロソイなのか

    マゾイの顔

    そういえばマゾイ、クロソイと似たような魚が並んで売ってたけど、今日買ったのはマゾイだったっけとラベルを見てみると”対面一般鮮魚”と。仕方なくお魚図鑑を開いてみたんですが、わかんねー。

    眼の斜め前下に棘がないのが『マゾイ』で、棘があるのが『クロソイなんだそうです。おそらく棘がない方を買ってきちゃってるから、どこにそれがないのかさっぱりわからない。

    で、この方のマゾイ(キツネメバル)とクロソイの違いを解説【激似すぎる魚の見分け方】という記事で解決しました。

    で、『マゾイ』。

    ちなみにこのマゾイ、本当は?『キツネメバル』という名前なんだそうです。図鑑を見てもキツネメバルで載ってました。

    さばいてみよう

    マゾイとうろこ取り

    この魚の鱗はうろこ取りを使って取りました。魚によっては包丁を使ったり金たわしを使ったりもするんですよね。

    三枚におろしたマゾイ

    三枚におろしたのですが、骨が柔らかいのかちょっと苦戦しました。綺麗な白身で美味しそうですね。今回は半身は刺身、もう半身は綺麗な肝が入っていたのでそれと一緒に煮付けでいただくことにします。

    刺身

    マゾイの刺身

    歯応えがあってすごく美味しい。薄めに切らないと食べづらそうなくらいの弾力。こういう白身もいいですね~。

    煮付け

    マゾイの煮付け

    こちらもクセもなく身がしっかりしていて美味しい。一緒に煮た肝とごぼうもいい感じに美味しいです。

    初めて食べた魚でしたが、刺身も煮付けも美味しかった。そういえば忘れてましたが、これで約300円でした。安い。そして何回食べても絶対同じことを思うんでしょうけど、やっぱ刺身って美味しい。