『カレイの煮つけ』に挑戦

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    全レシピに挑戦中!

    前回はこちら↓↓

    『アサリのシャンパン蒸し』に挑戦

    2019年12月26日

    7品目

    レシピ本通りにやってるからなんですが、最近洋食率が高いですね。やっぱり和食のほうが落ち着くんで、この魚のレシピ本が終わったら次は和食にいきたいところですね。まあなんにせよ、この辺でいったん煮つけでも作りましょう。

    丸々一匹のナメタガレイ

    ということで、『ナメタガレイ』を買ってきました。初めての魚ですが、ヒラメのときは金たわしを使って鱗をとるので同じようにやってみます。金たわしを使うことで、細かい鱗とぬめりをとることが出来ます。

    三分割したナメタガレイ

    頭と内臓を取り除いてからよく洗い、ちょうどいい大きさに切り分けました。そしてあとは煮るだけ。

    なんですが。レシピ通りの分量で煮汁を作ったはずなんですが、随分と量が少なくてちょいと不安でした。鍋のサイズや身の厚さによって変わってくるんでしょうけど、カレイの切り身が全然煮汁に浸かってない状態。

    落とし蓋もするのでとりあえずそのまま進行したのですが、案の定浸かってない部分は火の通りが悪く、ひっくり返して煮ることになりました。そうなってくると、皮が剥がれたり身が崩れたり。そしてそして、今度は火力の問題なのかまだ火も通ってないのに煮詰まりすぎて味が濃い。

    水を追加してなんとか調整しましたが、レシピ通りにやろうとするとこういうところが難しい…。レシピはあくまで目安として、上手く対応していかないといけませんね。

    なんとか完成

    白髪ネギをのせたナメタガレイの煮付け

    レシピ通りにはいきませんでしたが、無事完成しました。そしてめちゃくちゃ美味いです。身はふっくら柔らかく、皮やヒレの辺りはぷるっとしていてものすごく幸せを感じます。

    いつもうちで出る煮つけは冷凍のカラスガレイの切り身を使っているのですが、それとは全然違いますね。これはナメタガレイが美味しいのか、それとも生のカレイを使っているから美味しいのか。また違う種類のカレイでも挑戦してみたいですね。

    ということで、7品目『カレイの煮つけ』でした。カレイ最高!

    残り72/79品

    8品目はこちら↓↓

    『イナダのカマのタンドリー風』に挑戦

    2019年12月28日