『イナダのカマのタンドリー風』に挑戦

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    全レシピ挑戦中!

    前回はこちら↓↓

    『カレイの煮つけ』に挑戦

    2019年12月27日

    8品目

    今日は『ブリカマのタンドリー風』というレシピに挑戦。ただ今回は、数日前にイナダをさばいた時に頭をとっておいたので、ブリではなくイナダのカマで作ろうと思います。

    ところでタンドリーチキンって実際食べたこと無いような気がしますが、鶏肉を使ったインド料理だそうですね。その鶏肉をブリカマに置き換えた料理というわけですね。よく思い付きますね~すごい。

    イナダのカマ

    半分に切ったイナダのカマ

    ブリのカマよりはだいぶ小さめですが、これでも十分美味しく出来るはずです。もちろん作るのだって初めてなんですが、ヨーグルトやカレー粉などを混ぜたものにカマを漬けておくんですね。

    タレに漬け込んだカマ

    そしたら、この状態で半日ほどおいてから焼くそうです。初めての作り方なのですごく面白いです。

    こんがり焼いたら完成

    香ばしく焼きあがったイナダのカマのタンドリー風

    表面はこんがりスパイシーで、中は思っていたよりしっとり焼き上がっていてとても美味しいです。カマは大体塩焼きか煮つけになってしまうので、たまにはこういうのもありですね。

    漬けるという工程は時間が掛かるので少し面倒に感じますが、やること的にはもの凄く簡単でした。なんなら魚をさばいて頭やカマが出たら、冷蔵庫にしまう前にササっと材料を混ぜ合わせて漬けてしまって、あとは翌日に焼くだけでも良さそうですよね。

    ちなみに、タレが残ったので短い時間ですがとりもも肉を漬けてから焼いてみたのですが、おそらくこれがタンドリーチキンでした。これも美味しい。

    ということで、8品目『イナダのカマのタンドリー風』でした。

    残り71/79品

    9品目はこちら↓↓

    『ホタテのアヒージョ』に挑戦

    2019年12月29日