【まとめ】サワラの色々な食べ方を試してみたよ

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    今回、サワラを使った色々な料理に挑戦してみましたが、どれも本当に美味しくて大満足でした。難しいものもほとんど無く、シンプルな調理法で素材の味を楽しめる料理ばかりだったので良かったです。

    そんなわけで、今回買ったサワラで作った料理をまとめてみようと思います。

    今回作ったサワラ料理

    刺身三種

    サワラの刺身三種

    サワラは皮付きで食べることでより旨みを感じるとのことだったので、三種類の刺身を用意して食べ比べてみました。たしかに皮付きの方が旨みが強いということを実感できました。

    サワラが大好きになりました。

    2020年1月19日

    漬け

    サワラの漬け

    サワラを焼き霜造りにして、それを漬けダレに一日漬けておきました。後ほど紹介する『鮨職人の魚仕事』という本を参考にしたのですが、この本には漬けダレの分量までは書かれていないので、自分でそれらしいタレを作りました。

    といっても、最近お気に入りの“甘醤油”を出汁で割っただけなのですが、とても美味しく出来上がりました。これはなかなか簡単でオススメです。

    塩焼き

    サワラの塩焼き

    こちらはシンプルに塩焼き。強めの塩とクセがなくほどよい柔らかさの身が美味しかったです。

    照り焼き

    サワラの照り焼き

    同じく焼きですが、こちらは尾にいちばん近い部分の照り焼き。部位の問題なのか、焼き方の問題なのかは分かりませんが、驚くほどの潤いと柔らかさでとても美味しかったです。

    中華蒸し

    サワラの中華蒸し

    唯一難しかった料理がこれ。というのも蒸し器が無いので、代わりに鍋やボウルを使って蒸したための難しさです。

    そしてはじめての蒸し料理の美味さに感動しました。このしっとり柔らかな身は、蒸すことでしか作れないないような気がします。

    『サワラの中華蒸し』に挑戦

    2020年1月21日

    おろし煮

    サワラのおろし煮

    粉をつけて揚げてから、大根おろしを入れた出汁で煮たもの。衣と大根おろしが出汁をたっぷり吸って、もう素晴らしき。

    『サワラのおろし煮』に挑戦

    2020年1月20日

    煮付け

    サワラの煮付け

    こちらもシンプルな煮付け。以前作った煮付けのレシピをそのまま使わせていただきました。とろりと煮詰めた煮汁が絡んでとても美味しかったです。

    サワラは美味かった

    サワラの漬け

    どの調理法もとても美味しかったのですが、もしも一番を決めるとするのなら『漬け』ですかね。本当にどれも美味しかったのでやや強引にではありますが、まぁ作るのに時間をかけた分だけ感動が増したのでしょう。

    さて今回の『サワラ』ですが、存分に楽しむことが出来て良かったです。もうなくなってしまったのかと少し残念に思うほどです。また美味しくなる季節には楽しみたいと思います。ご馳走様でした。

    参考にした本