『サワラの中華蒸し』に挑戦

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    全レシピ挑戦中!

    ↓↓↓

    18品目はこちら↓↓

    『サワラのおろし煮』に挑戦

    2020年1月20日

    19品目は『サワラの中華蒸し』

    はい、引き続き残りのサワラを調理していきます。レシピ本に載っているサワラ料理はこれで最後になります。ということで今回は『サワラの中華蒸し』。この挑戦してなきゃ絶対作らない料理ですよね。そもそもまずうちには蒸し器がないですからね。笑 それでもなんとかやってみましょう。

    サワラの半身

    まずは前回と同様に切り身にしていくのですが、どう切ろうか問題。残る身をどう使うかまだ決めてないので形を崩したくないということで、選択肢はふたつ。①はまっすぐに垂直に切り落とすので、料理が完成した時に皮しか見えなくなりそうなので、②の様に斜めにしてさらに包丁を寝かせながら切ることで、完成した時に少しはいい感じに見えるのかなと。

    サワラを切り身にする

    ということでこう切りました。いつも通り塩をふって少しおいてから進めていきます。

    鍋とボウルを使った蒸し器

    で、今度は蒸し器が無い問題。これはネットの検索結果の上位にあった“蒸し器がなくても大丈夫!台所にあるもので(簡単)蒸し器の代用してみました”という記事を参考にしました。

    深めの鍋に小さなボウルを底面が上になるよう逆さに入れました。そして鍋に入れた水が沸騰したら、逆さに入れたボウルの上に具材を入れたお皿を乗せます。あとはフタをして蒸すだけ。ちなみにお皿を入れるのが激ムズでした。どうやったって手が鍋に触れる…。

    しかも、蒸している途中鍋の中でゴトッという音が。急いでフタを開けると沸騰の振動のせいか、お皿がボウルから滑り落ちてギリギリ鍋の壁に支えられてました。危なかった…。

    たしかに台になるボウルを逆さにしたことで、お皿を乗せる面積が少なく危険な状態でした。ということで、ボウルを通常の向きに戻しました。浮かない様に中に水を入れてからお皿を乗せて再開。本当はもっと安定したものを台にしたほうがいいんでしょうけどね。

    初めての蒸し料理完成

    サワラの中華蒸し

    蒸しあがった時にお皿の中に結構水分があったのですが、これは具材から出たものなのかそれとも蒸している最中にフタから落ちてきたものなのか。本当にこれで上手く出来ているのか不安になります。とりあえず謎なので今回はそのまま進行しましたが。

    そして色々乗せたりかけたりで完成です。正直あまり蒸し料理に興味がなかったので期待していなかったのですが、しっとり柔らかく潤った身がかなり美味い。焼いても煮てもこうはならない気がします。そして、クセがなく旨みのある身にごま油が香る完璧な美味しさに感動。

    …これは蒸し器を買う必要がありますね。

    ということで、19品目『サワラの中華蒸し』でした。

    残り60品

    20品目はこちら↓↓

    『キンメダイの煮付け』に挑戦

    2020年1月24日