『小アジの南蛮漬け』に挑戦

ABOUTこの記事をかいた人

yuta



    全レシピ挑戦中!

    ↓↓↓

    26品目はこちら↓↓

    『サバのみそ煮』に挑戦

    2020年2月2日

    レシピ本の中から27品目『小アジの南蛮漬け』

    パックに入った小アジ

    南蛮漬けは初めて作るのですが、そもそもあんまり好んで食べないんですよね。食べれば美味しいのですが、結構そういう食べ物ってあったりします。というか、アジは大体刺身で食べてきたので、本当にこういう料理もしっかり身につけたい。

    小アジの仕込み

    下処理をした小アジ

    ということで、まずはハラワタとエラを一緒につまんで取ります。そして水洗いしたら、切れ込みを入れて塩をふる。ここで少し放置。綺麗に並んでるとなんか気持ち良い…。笑

    漬け汁作り

    材料を混ぜ合わせて漬け汁をつくります。レシピには人参、玉ねぎ、ピーマンと書かれていましたが、ピーマンがなかったので他二つでやってみます。

    揚げた小アジを漬けて完成

    本当は半日ほど漬けておくそうなのですが、そんな時間は無いのですぐにいただきます。サクサクな小アジに漬け汁が染みてなかなか美味しいもんですね。むしろ軽く浸して食べるくらいが、サクサクちょうど良くて好きかもしれない。

    でもやっぱり骨が気になりますね…。アジのサイズがちと大きいのか、もっともっと揚げたほうがいいのか、これはもう諦めるしかない問題なのか。

    長く漬けておけば骨まで食べられるとネットで見かけたのですが、それは酢が骨を柔らかくする的なやつなんですかね?試しに翌日まで漬けといてみましょうか。

    ※翌日に食べてみたのですが、だいぶ骨が柔らかくなっていて食べやすく、味も染み込んでとても美味しかったです。

    ちなみに、揚げたての小アジをそのまま唐揚げとしていただいたのですが、これが美味い。丸の魚の唐揚げって、頭が美味いですよね。サクッとジュワ~感が。一度でいいから魚の頭だけを集めて揚げてみたい。なんかヤバそうですが。笑 ちょいと近いうちになんか小魚の唐揚げを作りたいですねー。

    ということで、27品目『小アジの南蛮漬け』でした。ごちそうさまでした!

    28品目はこちら↓↓

    『サバの竜田揚げ』に挑戦

    2020年2月7日